Atariのギターを楽しむススメ

ギター初心者様に向けた記事をメインに書きます

【初心者ギタリスト様へ】Fコードの壁から逃げていたらいつの間にか弾けるようになった体験談【急がば回れ】

はじめに

このブログはギターを買ってみたものの、弾きたい曲にFコードやBコード(俗に言うバレーコード)が出てきて弾けないもうまぢ無理、、、という壁に躓き挫折しかかっている方への記事です。

 

結論 当面はパワーコードで良し

 

パワーコードとは1度(ルート音)と5度のみで構成されるコード。

 

なんのこっちゃ、、、と思うので何もかんがえずに押さえてみましょう。

 

さあ、6弦の1フレット(ルート音)を人差し指で押さえて5弦の3フレット(5度)を薬指で押さえてピッキングしてみましょう。あとの弦は鳴らないように人差し指の腹でミュート(音を出さない)してください。無理ならなっちゃっても大丈夫!

 

そうそれでFコードなんです

 

Bコードは同じ形のまま人差し指を5弦2フレットへ移動(薬指は4弦4フレットに)

 

それがまさしくBコード

 

バレーコードできないうちはこれで良いです。弾きたい曲中にでてきたらパワーコードで押し切りましょう。

 

そしてパワーコードは全てフォーム(指を置く形)が一緒なので、下記図の位置に人差し指を持っていくだけで全てのコードが弾けます。

f:id:AtariK:20210223181946p:plain

 

当面弾ける気がしないコードについては全部パワーコードで逃げてください

 

大事なのはギターという楽しみながら楽器に慣れていくということなんです。

 

慣れるというのは力加減ですね。無茶苦茶指筋なんていらないし、指の長さはさほど影響しないので。

 

お箸や自転車も最初は使えないけど馴れれば無意識に操作できるし、上達すれば箸を畳に投げて刺すこともできれば、自転車でウィリーできたりする。(ギターで言えばスウィープとかタッピングとか)

 

なので楽しみながらまず慣れてください。

 

僕の場合は2、3曲通してパワーコードだけで弾けるようになったときに「そろそろFおさえれるんじゃね?」って押さえたら1弦以外はきれいに鳴った。

 

プロじゃね?って思った中二の冬でした。